Sweep the Puddle

​​水溜まりを掃く

Above the Clouds / “在云上”国际现场艺术节

2018
Kunming, China

Performance

20 minutes

Brush

 When it rains, we can see that rainwater accumulated and puddle formed on the ground. The ground we see on sunny day seems to be flat, but we can not see it like flat due to the occurrence of puddles.
Where rainwater accumulates, has a spatiality that is flatten by our saturated recognition in daily life so far. In this performance, I swept the rainwater of puddle formed in rut of the road by brush. My action was not only to dig up the original spatiality of the ground, but also to try taking an ideal flatness of the space apart to pieces.

2018年

中国 雲南省、昆明市

パフォーマンス

20分

ブラシ

 雨が降ると、雨水が溜まって地面に水たまりができる。晴れた日に見る地面は一見平らだが、水たまりができることでその印象を変える。雨水が溜まる場所には、それが溜まるだけの空間があり、日常的に飽和した認識によって平坦化されていたことを暗示する。

 本作において、作者は道路の轍にできた水たまりの雨水をブラシで掃き出し、道の奥に続く別の水溜まりへと移す。ブラシに絡まる水の量は減り、最終的に道の終わりにある 作者の行為は、地面に含まれた本来の空間性を掘り起こすと同時に、観念的な平面性を解体する試みでもあった。

IMG_1026.jpg
IMG_1027.JPG

​©️ 2018 Riko Takahashi