In the Board III

板の中にいる III

中之条ビエンナーレ2021 出展作品

令和3年 東京藝術大学大学院 美術研究科 先端芸術表現専攻修士課 修了作品

2021年

群馬県中之条町、伊参スタジオ

パフォーマンス(1時間)

​シナランバーコア合板

撮影・編集:冨田了平

​パフォーマンス:小林修二、髙橋莉子

 サブロクサイズの合板に人体の頭部から胴部にわたる側面輪郭を切り出して作ったオブジェクトに、輪郭の持ち主である実際の人物がはまり込み、板の中に身体を挟んだ状態を見せるというパフォーマンス。板の中に人物がいない時はインスタレーションとしても構成される。オブジェクトと人物それぞれの輪郭とのずれや隙間を無くし、皮膚と板との境目を密接にすることで、身体を視覚的に物質化させ、別のイメージを引き出すことをコンセプトに制作した。本作《In the Board Ⅲ》は2017年の初期作と卒業制作に続く3作目として、2021年の4月から8月にかけて群馬県中之条町で小林修二氏の協力のもと制作した作品である。

​©️ 2021 Riko Takahashi