Blue Line

Performance Art Resource Orchestrator

 

 


2018

 

A back alley of Aliwal Street

Singapore


Performance

20 minutes


Blue Tapes

Cooperate: Jeetin Rangher

Video: Jeetin Rangher

Photo: Sundar Lama

 

 


In such a way follow the blue line displayed on Google Map, I put blue tapes on the nameless road which is not on the map, rewinded them by rolling my body, and passed through the road with the real blue line.


The Idea of this performance is actually based on what I realized on Google Map.
When we open Google Map and search something road, we find a blue line running on the road displayed on Street View Function. Then we can pass through the road temporarily by scrolling the photo road on the display of our Smartphone or tablet. I got an idea of changing the temporal and virtual experience on device to the real one on site by performance. In the process of this performance, I chose a nameless road which has not been recognized yet by Google Map, and took a rotation motion that replaces scrolling speed on device with life size for myself. The more the tapes overlap on my body, the more my body got restrained and turned into an object for rewinding the tapes.


When I got at the end of the road, I got out from the blue tape bolus, and this performance was finished with leaving an object of blue line bolus as a trace.

2018年

シンガポール、アリワル通りの裏路地

 

パフォーマンス

20分

 

カラー粘着テープ

 

 「Google Map」の機能「Street View」の風景画像における「道」についてのパフォーマンス。

 スマートフォンやタブレットで表示される 「Street View」 では、指定できる道の多くに清い線」が引かれている。線に沿ってスクロールすることで、画面上でそれらの道を進むことができるという仕組みである。その一方で、青い線が表示されず、通ることのできない道も存在する。この線の表示を前提とした 「street View」の仮想的な体験は、撮影車両が進入した跡の追体験でもあり、逆説的にカメラが及ばなかった進入不可な道の先への関心を引き起こした。

 そこで、作者は 「street View」の青い線を模した同色のテープと自分の身体とを用い、青い線の引かれていない実際の道を 「通る」という考えをパフォーマンスとして実行した。

 本作は、作家本人と、その補助と撮影を兼ねる協力者によって行われる。協力者は頭部に小型カメラを装着し、後ろ向きに歩きながら道に沿って青いテープをのばす。作者はその上を前転し、テープを巻き取りながら道を進む。身体にテープが重なるにつれ、当初の前転姿勢はテープを追跡、回収するための姿勢へと再構成される。カメラは協力者の視点に近いところから、作家、テープ、そして道との間に生じる関係性をとらえ、またカメラ本体に搭載された広角レンズによって周辺の風景を曲面的に映し出す。  

 最終的に、使用されたテープは前述の記録映像と共に、当該の道の体験を示す痕跡として残る。

 2018年にシンガポールで最初に実施されて以降、『Blue Line』は連作として、国内は愛知県名古屋市、国外はタイ南部パッタルン県において継続的に行われた。 

© 2018 Riko Takahashi